グルコサミンとコンドロイチンは一心同体

グルコサミンとコンドロイチンが深く関係があるのはテレビCMでも広く宣伝されていて有名ですが、ではどう違うの?と疑問を抱いている人や区別がついていない人もいると思います。

 

軟骨やじん帯に存在する成分がグルコサミンであるのに対し、コンドロイチンは主に皮膚や目といった粘膜に存在しています。

 

粘膜の中で水分をキープする役目を持っているコンドロイチンは、グルコサミン同様に体にとても重要な成分です。

 

グルコサミンの働きを助けるコンドロイチン

 

別の成分であるグルコサミンとコンドロイチンですが、同時に摂取すると相乗効果が期待できると、サプリメントなどでは一緒に配合されているケースが多いようです。

 

しかし配分が大切で、コンドロイチンよりもグルコサミンを多めに摂取する方がよいという説もあります。

 

グルコサミンは軟骨を作るのに必要不可欠な成分ですが、せっかくグルコサミンが作った軟骨を分解する酵素が体内にあり、コンドロイチンはその酵素を抑えてくれる働きがあります。

 

そのため、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取すると、相互協力しあうと言われているのです。

 

軟骨の弾力や水分を作るコンドロイチン

 

軟骨がすり減るのはグルコサミンの減少が原因と言われているのなら、グルコサミンだけを摂っていればいいと思いますが、そうではありません。

 

軟骨の弾力や水分をキープするという役目を持ったコンドロイチンも同時に必要なのです。しかし、コンドロイチンはあまり食品には含まれていないと言われています。

 

普段の食事から摂取するのが困難でも、サプリメントで補給するという方法があります。もちろんヒアルロン酸から合成される成分ですから元となるヒアルロン酸不足にも注意して下さい。

 

さらにそのヒアルロン酸を生んでいるグルコサミンが減少すれば、巡り巡ってコンドロイチンも減少してしまうことになります。

 

このようにグルコサミンとコンドロイチンは切っても切れない一心同体とも言うべき密接な関係があるのです。

 

高齢になってから腰、膝、骨を痛めないために!

 

高齢になるにつれて体のふしぶしに異常がでることは仕方の無いこと。しかし、放っておくとどんどん症状が悪化してしまうので、対策はしていきましょう。

 

対策の1つに骨を強くすることが挙げられます。高齢になると骨密度がすかすかになり骨折しやすい、関節を痛めやすいため、骨密度は強化しておきましょう。

 

参考:【骨密度を増やすサプリメント特集】骨粗しょう症を防ぐ!

更新履歴