トップページ > グルコサミンの1日の目安摂取量

グルコサミンの1日の目安摂取量

関節がスムーズぶ動かないと日常の簡単な動作も制限され心身ともに疲弊します。

 

そうならないためにも加齢によって減少するグルコサミンは、積極的に摂取するよう心がけた方がよいでしょう。

 

日常の食事からも摂取することはできますが、どうしても不足しがち場合はサプリメントを利用するのが便利でしょう。

 

その際、目安はどれくらいの量なのか、おおまかな摂取量をご紹介します。

 

グルコサミンの1日の摂取目安量

 

グルコサミンは過剰摂取しても、ほとんど副作用のような症状が出るケースは少ないと言えます。

 

しかし、減量の成分によっては、アレルギー反応を起こす人がまれにいるのでご注意ください。グルコサミンは基本的に過剰分は体外に排出されるので、適性量を超えた分はお金の無駄と考えた方がいいでしょう。

 

ちなみに一日の摂取目安量は個人の体重によって変動します

 

例えば体重54kg以下の人は1日に1000mg、体重が55〜90kgの人は1500mg、体重が91kg以上の人は2000mgを目安にしてみてはいかがでしょう。

 

個人の体質や商品によっても差が出てきますので、体調に不安がある人は少しづつ試して問題がなければ徐々に量を増やしていく飲み方をおすすめします。

 

グルコサミンの最も上手な摂取方法は継続して毎日欠かさず摂ること。1日おきに飲んだり、摂取量にバラツキがあるの不規則な飲み方では効率的にグルコサミンを補給することは難しいようです。

 

食品からグルコサミンを摂取

 

サプリメントは健康食品であり、あくまでも食事で補い切れなかった栄養素の補助的な意味合いで利用するのがいいようです。

 

普段の食事を大切にして、食事の中でグルコサミンを摂取するのが前提です。グルコサミンが多く含まれている食品は、エビやカニの殻、桜エビ、うなぎ、フカヒレ、軟骨、鶏皮、山芋、オクラ、納豆、なめこなどで、これらを上手にメニューに取り入れてみて下さい。

 

その上で、不足分はサプリメントで補給すれば、万全だといえるでしょう。